本日の格言「他山の石」

他山の石とは、他人のどんな言動でも、たとえそれが誤っていたり劣っていたりした場合でも、自分の知徳を磨いたり反省の材料とすることができるというたとえ。

『詩経-小雅・鶴鳴』の「他山の石、以て玉を攻むべし」とあるのに基づく。 「よその山から出た粗悪な石でも、それを砥石に利用すれば自分の玉を磨くのに役立つ」という意味で、他人の誤りを自分の修養の役に立てることをいう。

どんなことも、自分を磨く材料なんですね。 「他山の石とする」ともいうそうです。

目上の人に使うのは誤り。誤用例 「師匠の言動を他山の石とし、精進していきます」 自分とは無関係の意味で使うのは誤り。誤用例 「あの事件でみんな大騒ぎしているが、私にとっては他山の石だ」

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey