「河海は細流を択ばず」

「かかいはさいりゅうをえらばず」と読みます。 黄河や大海はどんなに小さな川の流れでもすべて受け入れるため、大きな川や深い海となり得たということから、大事業を成し遂げる者は、どんな人でも分け隔てなく受け入れる度量の広さを持つというたとえ。「器」の大きい人のことですね。 類義語、大海は芥をを選ばず/泰山は土壌を譲らず

52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey