成らぬ堪忍するが堪忍

「ならぬかんにんするがかんにん」どうしても我慢できないことを我慢するのが、本当の意味での忍耐であるということ。もう我慢ならぬというところをじっと我慢することこそが、本当の我慢である。最後まで耐え通さなければ、それまでの我慢もむだになるという教え。このことわざでの「堪忍」は、こらえる・我慢するの意味で、勘弁するという意味ではない。「堪忍」と「勘弁」はにていますからね。

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey