本日の格言「柔能く剛を制す」

「じゅうよくごうをせいす」弱い者が、かえって強い者を負かすこと。

しなやかなものは弱そうに見えても、かたいものの矛先をうまくそらして、結局は勝つことになるということのたとえ。 『三略』には「軍神に曰く、柔は能く剛を制し、弱は能く強を制す(兵法の書にいう、柔らかいものはかえってかたいものを押さえつけ、弱いものはかえって強いものを押さえつける)」とある。 「能く」は「良く」と同義であるが、動詞の前に置いて能力の点で可能であることを表す際には「能く」を用いる。「柔良く剛を制す」と書くのは誤り。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey