本日の格言「歳月人を待たず」

「さいげつひとをまたず」時は人の都合などお構いなしに過ぎていき、とどまることがないものだ。

時間は人の都合とは関係なしに刻々と過ぎていくものであり、人を待ってくれることなどない。 転じて、人はすぐに老いてしまうものだから、二度と戻らない時間をむだにしないで、努力に励めよという戒めを含む。 陶潜の『雑詩』に「盛年重ねて来たらず、一日再びあしたなり難し、時に及んで当に勉励すべし、歳月人を待たず(若い時は二度と来ない、一日に朝は二度とない、時を逃さず一瞬を大切にして勉学に励めよ)」とあるのに基づく。

歳をとってくると、学生時代に散々言われたこの言葉が身にしみますね〜〜〜。英語でも覚えさせられました。Time and tide wait for no man.(時は人を待たない)

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey