本日の格言「楽は苦の種苦は楽の種」

(らくはくのたね、くはらくのたね)楽をすれば後で苦労を味わうことになり、逆に苦労をしておけば後で楽ができるということ。今の苦労は後の楽に繋がるのだから、将来のために苦労も耐え忍ぶべきだという教え。楽と苦は背中合わせであり、楽には苦が、苦には楽がついて回るという意味をもつことわざ。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey