格言「過ちて改めざる是を過ちと謂う」

(あやまちて あらためざる これをあやまちという )「論語」(衛霊公から)過ちはだれでも犯すが、本当の過ちは、過ちと知っていながら悔い改めないことである。

「わかっちゃいるけど、やめられない」っていうのもあるけどね。

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey