スマホ症候群?「神門」

「神様の入ってくる門」という意味をもち、精神の活動に深く関わっている癒しのツボ。

不眠・ストレス・イライラ・不安による胸苦しさ・便秘・味覚症状・食べ過ぎに効果があり、スマホのやりすぎで目が疲れた時にも有効です。

「神門(しんもん)」とは心臓や精神状態に深く関わるとされる手の小指側のライン上に位置する手首のツボを指します。

「神様の入ってくる門=神門」と呼ばれるこのツボは、その名が示すとおり思考や意識といった精神世界との深い関わりをもち、イライラや不安感などからくるストレスを癒して精神活動を安定させる効果があります。

具体的には、不眠、ストレス、イライラ、不安による胸苦しさ、便秘、味覚症状、食べ過ぎ、などに効果があるのですが、これらの効果が現れるのは神門が副交感神経の働きを活発にするツボであるためです。

身体が元気ならば、チャレンジできる。

脳を活性化するには本を読む。

心を豊かにするには芸術に触れて仲間をつくる。

躬恒文庫で「心・脳・体」を豊かにして人生を楽しむ。

そんな人たちで街を活性化させて、日本を元気にしたい。

躬恒文庫がお手伝い致します。

HP:http://www.mitune.net/

mail : contact@mitune.net

14回の閲覧0件のコメント
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey