Please reload

最新記事

仲間と一緒に疲れを癒す♪

January 30, 2018

1/1
Please reload

特集記事

コリを見つけられない施術者

こんにちは「躬恒文庫ほぐし部門」を主に展開しています内臓整体師の「かおりん先生」こと堀口香織です。

 

顔が腫れ上がって、外にも出られない時代を経て1年の後、「激安・年中夢中・朝の9時から夜の9時」の長時間労働を経て、気づいたこと。

 

毎日、体のお悩みを抱える人たちのケアーをしています。

 

健康保険適用には重要な落とし穴があります。

それは、保険適用に必要なテストがあります。その為に、座学の勉強が人体を実際にほぐしたりするよりも多くカリキュラムされているということです。

当然、実施訓練があまりされていなくて実際の業務に出されるということになってしまうことでしょう。平たくいうと、マッサージ経験があまりないってことです。

だとしたら。。。コリを見つけられない施術者になってしまうのでは?

 

保険適用がされていて、お客様がそこそこいらっしゃれば「整骨院」や「鍼灸院」はそこそこやっていけます。電気で30分、マッサージ10分、健康アドバイスや問診20分なら、あまり体力も使わないでしょう。

 

お客様には健康保険で3割とか1割なので、罪悪感もありません。毎日のように来てもらうように進めるところもあると聞きます。安いので、そちらの方がお気に召される方もいらっしゃるでしょう。

 

実際に患者さん(ここでは患者さんと言わせてもらいます)は体が悪いから施術者のところにいらっしゃいます。ですから、体の悪いところは電気で当てるだけでは不十分です。ひどいコリは1回では到底平らになりません。

 

まずは、コリの形状がわからない施術者がいるということを初めて知りました。つまり、コリを探し当てることができないのです。私は、内臓のコリもそうですが、肩や腰、臀部、ふくらはぎなど、あらゆるコリを見つけて平らにする努力をしています。もちろん、見つけることは大前提です。見つけなければ施術することができません。

 

時間に関してはコリを潰すのに、1時間でも短いぐらいなのです。それを20分ぐらいのマッサージでは潰せないはずなのに、、、。

 

勘違いしないで頂きたいのは、施術時間は長ければいいというものではありません。

全身のコリを一気に潰してしまうと、不快な症状が一気に解消するイメージがありますが、それは間違いです。

 

人体はコリも含めて、バランスを取っているので、急激な変化は体に大きな負担をかけてしまいます。ですから、思いっきり施術をすると帰ることが出来なくなるくらいフラフラになったりしますので、90分の施術などは必要ないと考えています。

 

なぜ、整体は保険適用されないのか。。。次回をお楽しみに

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
  • Twitter Clean Grey